わきが改善タバコプログラム

私の家族では、父と妹がわきがです。父は他人に対して全く気を使っていないので、夏場や汗をかく場面ではやはり汗が臭ってしまいます。

本人は自分の臭いに気付かないのか、周りの人が嫌な顔をするのも気にしないようです。父と一緒に外出する時は他所様に本当に申し訳ないと思いながら、気付くとわきがの臭いをよけるため父の場所から離れている私が居ます。

父の洗濯物と一緒に洗うとわきがの臭いが移るので、自分の洗濯物はなるべく別々に洗うように心がけています。

一方妹は自分のわきがに対してとても気にしているようで、学生の頃は毎日のお風呂と部活帰りのシャワーを欠かしませんでした。

脇の汗をシートのタイプの布で拭き取ったり、制汗剤を始めとしたデオドラントを色々試してはわきがの臭いと闘っていたようです。オシャレに目覚める多感な中高生の頃に自分のわきがの臭い対策をしなければならないなんて、大変だっただろうと今になって思います。

妹は社会人になってからは、わきがの臭いのもとであるアポクリン腺の機能を抑えるための注射を年一度しているようです。施術にかかるお金はそれほど安くはありませんが、効果はあるようです。

わきががあるだけで日々の身だしなみでやるべき事が増えたり、汗をかく季節には周囲に臭っていないか気になってしまいます。父のように全く気にせず周りの人が鼻をつまむ事になる場合もありますが、妹のように必死に努力している場合もあるのです。

刺激物を摂らなければ、わきがの臭いは抑えられるのに・・・

多くの男性、または女性の中にもいると思いますが、わきがに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

私の場合、汗をかくことが多い夏の時期はもちろん、厚着をしていて衣類調整を怠ったために脇に汗をかき、それが原因でわきがになることは結構あります。

わきがに関して無関心であった小・中学生時代や、男子高校であった高校時代は問題が無かったのですが、女性の多い大学時代や社会人になった現在は、わきがに関してかなり過敏になっています。

お風呂の時には、念入りにわきを洗っているし、仕事に行くときにも朝シャワーを浴びて、しかもデオドラントスプレーをかなり使用して、わきが対策を行っているのですが、昼頃になると自分でもわきがの臭いが気になっている状況です。

着替えを持っていって汗をかいた時には着替えることや、デオドラントシートで脇を拭くことを行っています。

わきがの臭いを少しでも抑えられたら良いなと、大好きな脂身の多い肉を控えたり、揚げ物をなるべく食べないようにしたりと、気を付けているのですが、タバコやお酒は止められずにいます。

妻にも「部屋が臭い」と言われるほど、わきがなどの体臭がひどいのだから、タバコやお酒などの、わきがの原因である臭いを出すアポクリン腺を刺激するものをやめれば良いのですが、わきがの臭いで嫌われるよりも、タバコやお酒を愛してやまない自分がいます。

わきがの対策

16歳の娘が中学生の頃、わきがだと気づきました。汗をかいて帰宅した際、何とも言えない匂いがして年ごろの娘と言う事でわきがを告げることにためらいもあった中、友達に指摘されれば傷つくであろうと思い、娘に「脇、匂うよね」と伝えました。

どうやら自分の匂いはあまり感じないらしく着ていたブラウスの脇の匂いを嗅いでもわきがの匂いが分からないみたいです。ある時、体育館で行われた部活動の大会で強烈なわきがの匂いが子供たちの集まっている場所で漂っていました。

周りの子供たちも匂いには気づいていましたがみんなが汗をかいている為、男くさい匂いがするよねと言っていました。娘は初めてそれが自分から出ているわきがの匂いだと自覚しました。

それからは、わきがに対して意識して匂いの対策をしています。市販の脇の匂いを抑える薬は全く効果がありません。脇の匂いとわきがは違います。

一度匂い始めると汗ふきシートや制汗スプレーでは収まりません。シャワーを浴びない限り匂いはなくなりません。あらゆる塗り薬を試して一番匂いを抑えられるのが通販で見かけた塗る薬です。

一度塗ると1週間効果があると言われていますが娘の場合は効果はまちまちです。それが毎日だったり3,4日後だったりです。しかし使い続けると効能が落ちるのか最近は効果が薄れています。現在、別の薬を模索中です。

アルコールとともに原因となっているってホント?